酵素断食や置き換えで注意すること

女性◆体調のいいときにダイエットを始めましょう
酵素ドリンクで置き換えダイエットや断食にチャレンジするときは、身体の調子が悪い日は避けるようにしましょう。

特に、数日間の酵素断食を実践する場合は、自分の体調をしっかりと把握して、万全の状態でスタートするようにしましょう。

◆初めての方は、週末や連休を利用しましょう
初めて酵素ダイエットにチャレンジする方は、長期の休みや週末など、まとまったお休みの時に実行すると、体調管理がしやすくおすすめです。

◆暴食は避けましょう
朝食や夕食を酵素ドリンクに置き換えたとしても、それ以外の食事で暴飲暴食してしまうと、せっかくの酵素ダイエットの効果が半減してしまい、高い効果が期待できません。ダイエット中はできるだけバランスのいい食事を心がけ、食べ過ぎないように注意しましょう。

◆水を多く飲みましょう
酵素ダイエット中は水分不足にならないために、水を多く飲む(1日1.5~2リットルが目安)ようにしましょう。

特にファスティング(断食)中は、食事からの水分補給ができませんので、こまめに水を飲むように意識しましょう。お茶やコーヒーはダイエットの妨げになる可能性がありますので控えましょう。冷えが気になる場合は、白湯(さゆ)でもOKです。

◆お酒やたばこはなるべく控えましょう
酵素ダイエット中は、酵素のムダ使いを避けるためにも、過度な喫煙や飲酒は控えましょう。

◆からだの不調が続く場合は、中断しましょう
酵素ダイエットに挑戦中は、お通じが良くなったり、寝付きや寝起きが良くなったりと体に色々な変化が起きると思います。

中には、ダイエットを続けることでめまいや頭痛などのからだの不調を感じる方もいるかもしれません。万が一そのような症状が続く場合は、一時中断してやり方が間違っていないかをもう一度確認してみましょう。メーカーのお客様相談室で相談したり、症状がひどい場合は医師に相談して意見を仰ぎましょう。

◆酵素ダイエット中はタンパク質を不足させないように気をつけましょう
タンパク質の少ない肉タンパク質の量がダイエットに関係することはご存じの方も多いと思います。タンパク質は筋肉をつくる成分のため、不足すると筋肉をうまく作ることが出来なくなり、基礎代謝が落ちてしまうためです。特に女性は男性と比べてタンパク質が不足しやすいため、酵素ダイエット中(置き換えの場合)は、しっかりとタンパク質を補給してあげる必要があります。

よくタンパク質は太ると誤解されているのですが、タンパク質をとっても太るわけではなく、タンパク質が多い食材は、脂質を多く含むものが多いからなのです。脂質が多いタンパク質(魚や肉など)をとることで、太るイメージが定着してしまったものと思われます。

鶏のささみや、牛ヒレ肉などの脂質の少ないタンパク質は、消化にもいいので酵素ダイエットにぴったりの食材と言えます。成人女性の1日の目標摂取量はおよそ50gですので、不足している場合は、脂身の少ないタンパク質食材を多く取り入れるようにしましょう。

・タンパク質含有量(100gあたり)
鶏肉(ささみ23.0g、ムネ22.3g)、牛肉(ミノ24.5g、ヒレ20.5g)、魚類(アジ20.7g、イカ18.1g、鯛21.7g、ヒラメ21.2g)
参考:たんぱく質の多い食品と、たんぱく質の含有量一覧表 | 簡単!栄養andカロリー計算

終了後は食化の良い食べ物から食べ始めよう

断食後の胃腸はとてもキレイな状態です。いきなり普通食に戻してしまうと、消化不良を起こしてしまう可能性があるので、朝はヨーグルトなどの消化のよい乳製品、昼食時にはスープや味噌汁、夕食時におかゆといったように、徐々に通常の食事のスタイルに戻していきましょう。

酵素断食にかけた日数と同じ程度の日数をかけて、ゆっくりと食事を戻すよう心がけましょう。

このページの先頭へ