酵素ジュースを作ってみました

48歳女性 開始日:2015年9月3日

韓流大好きな普通の主婦です。酵素ジュースの作り方を見て、これなら簡単だし私にもできそうと思ったのがきっかけです。健康にもいいし、お金もかからないからうまく作れるといいな。

容器とお砂糖は自宅にあるもので、材料はリンゴのみ

9月3日、酵素ジュース作りを開始しました。まずは、材料と容器を準備・・

できるだけ無駄な出費を抑えたかったので、容器は自宅にあるものを使用します。
初めての挑戦ということで、材料はリンゴ(ふじ-1個約370 g 、2個購入)のみです。

お砂糖は買い置きの上白糖を使用し、リンゴは適当な大きさに切り皮も種も丸ごと使いました。

切ったリンゴとお砂糖を容器に入れてみると、思いの外準備した容器が小さくてリンゴが2個入らず・・容器をもう一つ用意して、それぞれ1個づつ振り分けました。

材料と容器

翌日、お砂糖が溶けていました

翌日、約12時間後には、お砂糖も溶けだしてました。よく見ると容器の下の方にお砂糖がたくさん沈殿しているのが分かります。

お砂糖が沈殿した酵素ジュース

これを1日1度、綺麗に洗った手でかき混ぜます。

かき混ぜるときは、沈殿したお砂糖とリンゴをまんべんなく絡ませるように、下から上にかき混ぜます。そうすると空気もたっぷり入ります。

この作業を毎日続けて・・

毎日かき混ぜて1週間後

一週間後には、リンゴもシンナリとして色も変色してますが、1個づつで作ったせいか・・発酵が遅い気もしました。

容器によってもリンゴたちの様子が違うように見えました。下の画像の容器のほうがより発酵しているような気がします。空気がたくさんはいっているため発酵が早いのかもしれません。

1週間経過後の酵素ジュース2

焦らず毎日、同じ手順で発酵させていきます。

2週間後・・できあがり!

丁度開始してから2週間後、リンゴもすっかり茶色く変色してシナシナになっています。甘いにおいの中に、少し酸味を感じるようになったのでこれで出来上がりかと。

酵素ジュースできあがり

これをキッチンペーパーで濾します。

結構ドロドロしてるので、簡単には落ちず時間がかかりましたが、リンゴ2個分で約400ccの酵素ジュースが出来上がりました。

酵素ジュース

そのまま飲んでもいいと思いますが、すごく甘いです。

お水・炭酸水などで割って飲むと、いい具合に甘さが薄れて美味しいです。

※今ご覧のページは「手作り酵素ジュース体験レビュー 48歳女性」です。

このページの先頭へ