補酵素の役割と性質

英語のコエンザイム(coenzyme)は、「補酵素」や「助酵素」と訳されます。

酵素を助ける補酵素

補酵素は、生物に欠かせないエンザイム(enzyme:酵素)のはたらきを助けてくれます。補酵素の多くはビタミンで、タンパク質でできている酵素の大切なパートナーです。

酵素の多くは、補酵素と結びつかないと、人の体内の化学反応スピードを促進することができません。パートナーなしに働ける酵素もありますが、補酵素が必要な酵素は、単体では反応できません。酵素と補酵素と、反応のもとになる「基質」が合わさって化学反応が起きています。

酵素と補酵素の性質

酵素と補酵素は、いつも一緒にいるわけではなく、必要に応じてくっついたり離れたりしています。なかなか酵素と離れない補酵素もありますが、基本的にバラバラに存在しています。補酵素は、反応に必要な材料や、反応でできた物質を運んだりもしています。

酵素のタンパク質は熱でこわれやすいですが、補酵素は熱に強くできています。酵素も補酵素も、化学反応の前と後で変化せず、1つの反応のサポートをしたら、また次の反応を進めてくれます。

補酵素は、体の代謝や消化吸収になくてはならない酵素のサポーターです。ビタミンB群を中心に食事やサプリなどでしっかり取りましょう。

このページの先頭へ