「発酵食品」は体に良い

発酵食品とは、その名の通り、生の食材を「発酵」させた食品のことです。

発酵は、腐敗とは違います。雑菌が繁殖するのではなく、特定の菌が繁殖しやすい環境で行われます。

整腸作用で知られるビフィズス菌や、味噌をつくる酵母菌、納豆をつくる納豆菌などは「善玉菌」に分類され、それらの作用によって生成された食品が発酵食品と呼ばれ、健康に良い食品として知られています。

微生物や菌によって分解された発酵食品は、風味が増したり、保存が利くことから、昔から日本に限らず全世界で、生活の知恵として食生活に取り入れられてきました。発酵食品が長年にわたり食されているのは、栄養価が高くなるという理由に加えて、発酵の過程でタンパク質を分解することによって生成される「アミノ酸」の効果で食材のうまみが増すという理由もあるでしょう。

そして、発酵食品が健康にもたらす効果は大きく、それには酵素が関係しているのです。

有名な発酵食品

発酵食品には色々な種類があります.その中で有名なものをピックアップしてみました。上手に食事に取り入れる事で、健康面で心強いサポートをしてくれるでしょう。

発酵食品

野菜 : ピクルス・キムチ・漬け物各種

穀物 : 味噌・納豆・醤油

魚介 : くさや・海鮮類の塩辛・アンチョビ・かぶら寿司

お酒 : 日本酒・ビール・ワイン・泡盛

お茶 : ウーロン茶・プーアル茶・紅茶

乳製品 : ヨーグルト・チーズ・発酵バター

調味料 : みりん

おすすめ発酵食品

味噌
栄養価の高い大豆を麹菌で発酵させる味噌は、昔からなじみが深い発酵食品です。発酵する際に、大豆のタンパク質が吸収されやすいアミノ酸に分解されますので、消化に必要な酵素量が少なく、効率良く吸収することができます。熱に弱い酵素を最大限に活かすためにも、味噌汁にする際は火を止めた後に味噌を入れるようにしましょう。

納豆
納豆菌が大豆に作用するときに、納豆特有の有名な酵素「ナットウキナーゼ」が産生されます。ナットウキナーゼは、脳梗塞などの血管系の疾患の原因になる「血栓」を溶かす作用のある酵素です。血液をサラサラにする効果もあります。

また、栄養素を分解する酵素も豊富です。脂肪が気になる人にうれしい体内の脂肪を分解する脂肪分解酵素「リパーゼ」や、糖やタンパク質、デンプンを分解する酵素など、健康的な体に欠かせない酵素が多く含まれています。よくかんで食べることで酵素の働きを活かすことができます。

ヨーグルト
牛乳を乳酸菌で発酵させたヨーグルトは、腸内の善玉菌を増やすことで有名です。善玉菌を増やすことは、悪玉菌を抑える効果もありますので、便秘の解消におすすめの発酵食品です。おなかをくだすので牛乳が苦手という方も、原因となる「乳糖」という成分が分解されていますので、食べることができるのがメリットです。

ぬか漬け
ぬか漬けは、生野菜の酵素にプラスして、乳酸菌や酵母の作用によって酵素を多く含んでいますので栄養の分解と吸収の効率をアップしてくれます。さらにぬか漬けを作る際に、「ぬか床」のビタミンやミネラルなども吸収していますので、酵素と栄養価にとても優れた食品です。

発酵食品が体に良いのは酵素が働いているから

多くの発酵食品がありますが、共通しているのは、製造の過程で菌(酵母や乳酸菌など)を使用して、その産物として酵素ができるということです。

そして、その酵素が作用することで、多くの栄養成分を生み出すため、栄養価が高くなるのです。

酵素を不足させない生活を心がけましょう

酵素は熱に弱いため、加熱すると壊れてしまいますので注意が必要です。そのため酵素を摂取するためには、加熱されていない生のものを食べる必要があります。

種類豊富な食事近年、酵素が健康に多大な影響力を持ち、寿命まで左右するとの見解が多く、生命活動の根源をなすものとして脚光を浴びてきました。しかし、私たちの体の中にある酵素は、生まれながらにして一定量で増えることはなく、体内にある「潜在酵素」の量は決まっていると言われています。

そのために、なるべく体内にある潜在酵素を使わないようにして、外部から酵素を補給するようにしたほうがいいのです。酵素が豊富な生野菜や、発酵食品を多く摂るような生活を送ることを心がけましょう。

このページの先頭へ