酵素と酵母、どこがちがうの?

酵素は「消化~吸収~代謝~排泄」などの生命活動に関与するタンパク質の一種ですが、酵母は発酵食品を作るときなどに役に立つ「生きた菌類」のことを指します。

パン酵母は糖分を分解して、食べ物を発酵させます。パンやアルコールを発酵するときに砂糖が必要なのはそのためなのですね。

酵素は酵母の中にも存在しており、それぞれが役割を分担して、様々な生命活動の場で活躍しています。

ダイエットに向いているのは「酵素」

女性のウエスト違いを一概に説明するのは困難なのですが、体内に吸収した場合はどちらも似たような働きをしますので、同じような存在と認識しても問題はないと言われていますが、ダイエットのために飲むのであれば、酵素の方が向いていると考えられています。

酵素ダイエットで使用する酵素飲料やサプリメントの中には健康を維持するために必要な栄養素や、糖が含まれていますが、酵母の場合は食事から摂取する糖分を分解することによるダイエットですので、酵素ダイエットのような置き換えはできません。(置き換えても食事からの糖分がないため、酵母の意味が薄れます)

食事を置き換えるダイエットには「酵素」、食事を抜かずに糖の吸収をおさえるのは「酵母」が向いているのですね。

このページの先頭へ