酵素が多いと肝臓の負担を軽減できます

最近TV番組などで酵素の特集をよく見かけます。そして注目されているのが酵素と肝臓の関係です。

お酒を飲む女性まず、肝臓の働きとして挙げられるのが解毒機能。体内に入ったアルコールや、あらゆる食品からの毒性を肝臓が酵素を消費して解毒します。そして排泄・発汗として体外に排出します。

この分解から排泄までの流れはすべて酵素を消費して行っているのです。

つまり酵素の量が多い人は、お酒を飲んでも分解機能で体への負担が少ないので疲れにくく、負担が少ないということになるのです。

酵素量が多い人は、お酒が強い?

アルコールが分解されてできる有毒物質「アセトアルデヒド」も分解し排泄するため、一般的にお酒が強いといわれる人は酵素量が多いということになります。

二日酔いの原因にもこのアセトアルデヒドが関係していますので、酵素量が多い人は、お酒に強くて二日酔いになりにくいのですね。

酵素が多い人はアルコールによる肝臓への負担が少ないため、肝障害を起こしにくいのです。お酒を毎日飲む方や、大量に飲む方などは特に意識してお酒の前後に酵素を摂取するように心がけましょう。

このページの先頭へ