酵素と病気の関係について知ろう!

酵素で健康になるイメージ私たちは常に病気になるリスクを抱えながら生きていますが、病気になってしまう原因に、酵素不足が関係していることもあります。

酵素を食事からうまくとることができないため、食事体内の酵素量が不足や、消化酵素の浪費によって免疫力が低下してしまうのが原因です。

たとえば、風邪を引いて食欲がなくなる経験をした方も多いと思いますが、このように食欲がなくなってしまうのは、消化につかう酵素の消費をおさえ、代謝につかう酵素を温存することによって、免疫力や自然治癒力を維持しようという本能が働くためなのです。

偏った食生活によって酵素不足や浪費をしている方は、病気になりやすいといえます。

酵素不足で消化不良になることが病気の始まり

消化不良のイメージ消化とは、食物のなかにある「炭水化物、たんぱく質、脂質」の三大栄養素を、腸から吸収できるように小さく分解する作業のことを指します。

この分解の作業すべてにおいて酵素が必要なのです。消化につかう酵素が充分でないと、三大栄養素をスムーズに分解することができずに、消化不良になってしまいます。

消化不良によって栄養がしっかり吸収できないだけではなく、消化しきれなかった残留物が腸内で悪玉菌のえさになってしまい、異常発酵を引き起こしてしまいます。そして、異常発酵によって発生した毒素が腸壁を通して血液中に取り込まれて、全身に流れてしまうと、様々な疾患の原因になってしまうのです。

酵素を上手に摂取して健康を目指しましょう!

野菜を食べる女性酵素を浪費しない規則正しい生活と、多く摂取する食事を心がけて、それでも補いきれない酵素はサプリメントで上手に補給しましょう。

また、酵素ダイエットの方法のひとつである酵素断食は、体をリセットすることで流れのよい綺麗な体内環境をめざすいい方法だと思います。やせたい人だけではなく、健康になりたいという方は、定期的に酵素断食にチャレンジしてみるのもいいですね。

このページの先頭へ