水分補給や、サプリメントで空腹対策

お腹食事を制限するダイエットでは、おなかの減りとつき合うことが大切になってきます。

近年流行している「糖質制限(炭水化物を控える)ダイエット」でも、食事で野菜やフルーツを食べる割合が多くなりますので、日々辛い空腹感と戦っている人も多いようですね。

酵素ダイエットも例外ではなく、1~3食の食事を酵素液に置き換える方法では、おなかが減りすぎて辛いと感じる方もいらっしゃいます。なかには、空腹感に耐えられず断念してしまったという方もいらっしゃるようです。

とても簡単なダイエット方法として有名な酵素ダイエットですが、一番の敵である「空腹感」に勝つことができれば成功率もグンとアップしますよね。

当ページでは、おなかの減りをごまかすために有効な方法を紹介していますので、ご覧ください。

方法1.水分を摂っておなかの減りをごまかす

水分補給空腹感をごまかすためには、水分をとることも有効です。

私たちの体は、体内の水分量が減ると、のどが渇いたり、空腹感を感じるようにできています。からだが、飲み物や食事からの水分をなんとか補給しようというサインなのですね。

特に、水は胃腸に負荷もかけませんしカロリーもありません。ダイエット中でもカロリーを気にせずたっぷりと飲むことができますし、水を飲むことで胃が水で満たされますので空腹感は緩和されますので積極的に飲みましょう。

もし、水だけではどうしても我慢できないという場合には、満腹感が得られやすい「炭酸水」を飲むとより空腹感を感じにくくなります。

方法2.よく噛んでゆっくり食事する

よく噛んで食事するダイエット中の食事は、早食いはやめて、咀嚼(そしゃく)の回数を増やすように心がけましょう。

意識していつもよりも多く噛むことで、レプチンというホルモンが多く分泌されます。レプチンが分泌されると、満腹中枢が刺激され、満腹感を感じやすくなります。

何回噛むという決まりはありませんが、できるだけ咀嚼回数を増やして、ゆっくり時間をかけて食事をするように心がけましょう。

方法3.サプリメントを利用する

よく噛んで食事する最近では、空腹感を抑えることができるサプリなども登場しています。

サプリメントにはいろいろな種類がありますが、胃の中で数十倍に膨張するタイプや、膨張した後にゲル状になってかたまり満腹感が持続するタイプが主流です。

お金をかけてでも空腹感をまぎらわしたい方は、サプリメントを利用してみるといいかもしれませんね。

方法4.運動する

運動する女性運動したあとに何故かおなかが空かないという経験がある方も多いと思います。

運動するとアドレナリンが分泌されて、血糖値が上昇します。血糖値はお腹が減っているときは少なく、上昇すると脳がおなかが一杯であると認識しますので、お腹が減りにくくなるのですね。

このページの先頭へ