ダイエットのいろいろな知識を身につけよう!

メモをとる女性酵素ダイエットをはじめ、全てのダイエットに共通しているのが、ダイエットをしながら成功率を高める知識や習慣があるということです。

酵素ダイエットのケースでは、ダイエット中に空腹を我慢する方法を知っておくことで、辛さを感じにくくなりますし、太りにくい食べ方を意識しながら食事することで、より減った体重をキープしやすくなります。

当ページでは、

・体重が増えたり減ったりする仕組み
・おなかが空いたときに空腹を我慢する方法
・肥満について
・リバウンドの仕組み
・いろいろなダイエットの問題点
・太りにくい食べ方

など、「知っておくと役に立つダイエットの知識」を紹介しております。酵素ダイエットだけではなく全てのダイエットに共通する知識もたくさんありますので、是非お役立てください。

痩せる仕組み、太る仕組み

私たちの体は、「摂取カロリー」が「消費カロリー」を上回ると、脂肪として体に蓄積されるように作られています。つまり、やせるためには必要以上に食べ過ぎないようにして、運動などでカロリーを消費することが大切です。

そして、この「摂取カロリー」と「消費カロリー」による体重の増減には、体脂肪燃焼のメカニズムや、基礎代謝も関係していますので、知識としてお役立てください。

空腹感を抑える方法

食事量を抑えるダイエットの大敵は空腹感ですよね。失敗の多くは、空腹に耐えられずに挫折してしまうケースです。

せっかく努力して痩せてきたのに、途中で挫折してしまってはそれまでの努力が水の泡になります。定期的に水分を補給したり、野菜ジュースをこまめに飲む方法で、空腹を緩和して成功率を高めましょう。

肥満について

肥満と聞くと、見た目ばかり思い浮かびますが、実は肥満には「皮下脂肪型肥満」ちと「内臓脂肪型肥満」の2種類のパターンがあります。

ダイエットする目的の多くは、ついた脂肪を落とす皮下脂肪型肥満の解消だと思います。しかし、おなかと内臓に脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」も油断できません。

この両方を解消してこそ、ダイエットの成功と言えるのだと思います。

リバウンドの仕組み

ダイエットに成功したと思ったら、やめたとたんに体重が戻ってしまうリバウンド。ダイエットをしたことがある方なら経験した方も多いと思います。

実はこのリバウンドは、食事を制限することによる「吸収率のアップ」と、筋肉をエネルギーとして使うことによる「基礎代謝の低下」も関係しています。

無理な食事制限がリバウンドしやすいのは、私たちに授けられた「生きるための本能」が関係しているのですね。

色々なダイエットの問題点

現代では、ダイエット方法は星の数ほどありますよね。どれもそれらしい根拠を明記して、あたかも痩せるような気分にさせられますが、中には根拠をこじつけたり、健康被害の心配があったり、問題があるダイエットもたくさんあります。

選べる時代だからこそ、しっかりと情報を収集してダイエット方法を吟味する必要があります。

太りにくい食べ方

食べる順番や、食べ方を変えることで太りにくくなることができます。近年、多くのメディアで紹介されていますので、すでに実践している方も多いのではないでしょうか。

急激な血糖値の上昇は、より脂肪を細胞に取り込みやすくなりますので、野菜などの食物繊維から食べ始め、最後にご飯や麺類などの炭水化物を食べるように心がけましょう。血糖値の上昇が緩やかになり、脂肪として取り込みにくくなります。

このページの先頭へ