酵素食品を手作りして健康を支えましょう

酵素食品発酵食品には酵素がたくさん含まれています。

ぬか漬けや、塩麹などの漬物(発酵食品)や酵素ジュースなど、手作りできる酵素食品はたくさんありますので、自分で実際につくって普段から食べるようにすると、健康面をサポートしてくれます。

作る人で味が変わる「ぬか漬け」

ぬか床「料理は愛情」といわれるように、料理には、作る人の気持ちが入るといわれます。酵素食品も例外ではなく、その代表的なものが「ぬか漬け」ではないでしょうか。

昔は多くの家に「ぬか床」があって、普段から食卓に並ぶことが多かったようです。ぬか床を毎日かき混ぜるのは大変な手間ですが、愛情をこめて世話をすると応えてくれます。かき混ぜる人の手についている「常在菌」が、ぬか味噌の発酵に役立ち、味に影響しますので、ぬか味噌の味は作り手によって変わります。

手についている菌は、その人の気持ちしだいで変わってくるという説もありますので、ぬか味噌の味も変わるといわれます。「おいしくなれ!」と思いを込めながら作りことが秘訣なのかもしれませんね。

オリジナル酵素ジュース

「手作り酵素飲料」を試してみるのもいいアイデアです。自宅で作るのは難しそうな酵素ジュースですが、材料や、手順などの作り方さえ分かれば意外と簡単にできます。完成までに時間はかかりますが、慣れてしまえば、楽しみながら簡単にオリジナルの酵素ジュースを作ることができますので、興味ある方はぜひ試してみましょう。

手間がかかるのが億劫に感じたり、さらに質の高い酵素飲料を求めるなら、お金はかかりますが、信頼あるメーカーの酵素飲料を利用するのがいいでしょう。

関連ページ

このページの先頭へ